DHLパーセルによるeコマースの新たな後押し

電子商取引は、近年、 購入方法詳細 中古 インターネットユーザーによる。 Eコマースは最終的に 主な販売チャネル、 貿易と同じかそれ以上に重要 実店舗用 100%オンラインビジネスの止められない進歩に直面して重要な市場シェアを維持するためのその闘争において.

スペインではeコマースが年々成長していますが、100億ユーロを超える事業量がある英国など他の国のレベルにはまだ達していないのは事実です。 この前に eコマースの急速な成長、オンラインストアは最適化する必要があります 秩序飽和を回避するシステム 一年の特定の季節に。

したがって、製品の出荷に効果をもたらし、国内および国際的に消費者にリーチできるパートナーを持つことは、企業にとってまさに不可欠になるものです。 オンラインストア。

したがって、より良い製品を提供することを不可能にするあらゆる種類の障壁を取り除く必要があります。 この点での改善は可能になります インシデントとリソースの数を減らす、その小包および電子商取引会社は投資しなければなりません。

DHLパーセルのサービスと専門知識

それが理由です DHLパーセル このアイデアでスペインに上陸: 配信オプションを拡張して、より正確にします、消費者にとって快適で、二度と試みることなく。 これを達成するために、ドイツの会社は主にXNUMXつのアイデアに取り組んでいます。

最初、 消費者が現在持っているオプションを増やす オンラインで購入品を受け取るには、配達日を変更するか、別の受取人を選択して荷物を受け取るか(隣人またはコンシェルジュ)、DHL収集ポイント(ServicePoint)を選択します。

この最後のオプション、 サービスポイントは、固定された近くの場所での注文の収集を促進するため、配送を加速するという会社の戦略の基礎となるXNUMX番目の柱を表しています。 これにより、配送ルートを安定させ、加速させることができます。

このため、DHLパーセルは次のネットワークで半島に到着します。 スペインとポルトガルの間で2ポイント、およびその他 54 000 ヨーロッパ全土。これにより、顧客にeコマースを提供して、まるで国内のようにヨーロッパ全土で注文を処理できます。

したがって、ヨーロッパ全体、特にドイツ(昨年はセクターが約47%成長した)でこの出荷モデルで成功を収めた後、eコマースはまだ始まったばかりのようです...


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

bool(true)