ブランディングとは何ですか?

ブランディングは商業的概念であり、とりわけマーケティング部門にリンクされており、基本的に次のことを目的とするプロセスを指します。 ブランドを作り、構築する。 この概念的な背景から、デジタルビジネスモデルの開発に非常に効果的に役立つと考えるのは論理的です。 最初のイニシアチブのXNUMXつは、商業プロセスに介入するすべてのエージェントによって認識されるようにブランドを探すことです。 つまり、ユーザー、顧客、サプライヤー、そして一般的にあなたがターゲットにしているターゲットオーディエンスです。

この一般的な文脈の中で、ブランディングはあなたに多くのことをもたらすことができ、もちろん最初から想像できるよりもはるかに多くのものをもたらすことができます。 この意味で、最も関連性のあるもののXNUMXつは、それが役立つ可能性があるということです あなたの製品やサービスの販売を改善する。 別の一連の技術的考慮事項を超えて。 これは、ブランディングが商業ブランドを開発しようとするシステムで構成されているためです。

しかし、あなたがそれをよりよく理解するために、スペインのブランディング企業協会によって提供された定義よりも実用的なものはありません。 ブランディングは、ブランドのアイデンティティ(有形または無形)のすべての差別化要素のインテリジェントで戦略的かつ創造的な管理です。 それは、約束の構築と、時間の経過とともに特徴的で、関連性があり、完全で持続可能なブランド体験に貢献します 

ブランディング:いくつのモデルを見つけることができますか?

いずれにせよ、これからこの用語がモノリシックであると思わないことが非常に重要です。 それは実際にはそうではありませんが、逆に、実行する戦略に応じて適用でき、それはいくつかのレベルに基づいています。 どれが最も重要で、どこでパフォーマンスを指揮できるか知りたいですか? ええと、鉛筆と紙を持っていきましょう。これはあなたの職業生活のある時点で必要になるかもしれない情報だからです。

パーソナルブランディング

おそらく、ほとんどの場合、この用語を関連付けているのでしょう。 それは基本的に他の技術的な考慮事項よりもパーソナルブランドを作ることです。 つまり、個別に、デジタルメディアと非常に親密な関係で適用する必要があります。

この特定のケースでは、これから電子商取引に付けることができる名前に影響します。 しかし、それはあなただけのものであり、会社に属していないという唯一の条件があります。 ブランディングがあなたの製品、サービスまたは記事を宣伝するために素晴らしい仕事をすることができるのはここです。 特に、デジタルビジネスを特定の商用ブランドに関連付けることが非常に必要であるためです。 この意味で、ブランディングはあなたの目標を達成するための素晴らしい作業ツールになり得ます。

コーポレートブランディング

言うまでもなく、これがブランドに焦点を当てたブランディングです。 しかし、この場合、あなたの個人的なイニシアチブではなく、あらゆる種類の企業に。 たとえば、コカコーラ、アマゾン、フェイスブック、アルコアなどです。 小と中または大を区別しません。 また、流通、卸売、技術項目、変動所得サービスに影響を与えるため、生産部門間でも同様です。

この用語は、企業や企業のブランドまたはブランドイメージを表すために使用されます。 一般的に、特定の部門を担当するのは、やや複雑で広範な用語です。

雇用主のブランディング

おそらくそれはあなた自身にとって最新の用語です。 一部のユーザーは自分の生活の中でそれを聞いたことがないかもしれないという点まで。 しかし、いずれにせよ、これは従業員のブランドに取り組む方法を参照する新しい革新的な概念であることを覚えておく必要があります。 従業員がブランドの最初の旗手でなければならないことを忘れることはできません。 とりわけ、それは仮想店舗や電子商取引の所有者に最も関心がないものです。 したがって、残りの部分ほど彼に言及することはしません。

コンセプトブランディングの主な利点は何ですか?

この時点で、そのアプリケーションで最も関連性のある利点を知っておく必要があることは間違いありません。 オンラインマーケティング戦略を実行することが非常に必要になるという点まで。 いずれにせよ、私たちはいつでもどんな状況でもブランディングによって生成された最も重要なものをあなたに示すつもりです:

  • 力を与え、働くのを助けます 私たちのブランドの違い 私たちのセクターの他の競合他社のそれと。 この意味で、他の商用ブランドとの差別化を図る強力なツールです。
  • それは間違いなくあなたが実行しなければならない戦略のXNUMXつです 商標の正しい配置。 この行動により、ポジションの強化により、売上高は年々増加すると確信しております。
  • それがブランドに焦点を合わせて働くための最も効果的な方法であるという事実もそれほど重要ではありません 中長期的に。 最初から探していた結果が短時間でどのように表示されるかがわかります。
  • それはそのシステムのXNUMXつです デジタルマーケティングにおけるあらゆる種類の戦略を強化する。 しかし、他の人とは異なり、合理的でバランスの取れた方法で、彼らが追求する目的が完全ではありません。
  • それはあなたがより多くなるのを助けるコミュニケーションツールです 顧客、ユーザー、サプライヤーとの接触 そして一般的にあなたが結局探しているターゲットオーディエンス。

この概念の実装の目的は何ですか?

もちろん、その利点はXNUMXつであり、デジタルビジネスにおけるブランディングアプリケーションの目的は別のものです。 この最後のセクションに関しては、以下で公開する次のセクションになることは間違いありません。

  1. 商業ブランドが引き起こす可能性のある価値を常に強調します:それらは多く、多様な性質のものです。
  2. デジタルビジネスでこれらの目的を追求するように設計された戦略を通じて、あらゆるコストでサードパーティからの信頼と信頼を生み出します。
  3. 製品やサービスのアイデンティティを強化します。 中長期的なこの要素は、顧客またはユーザーによる認識の結果として、製品またはサービスのより大きな商業化を実現するのに役立ちます。
  4. 競合他社との差別化が、正しいブランディングキャンペーンの実施があなたにもたらすもうXNUMXつの効果であることは間違いありません。
  5. 最後になりますが、これからはeコマースが今までよりもはるかに目立つようになることを忘れることはできません。 この意味で正確に指示されたキャンペーンを通じて。

ご存知かもしれませんが、これらはデジタルビジネスで少しずつ気付く側面であり、ビジネスの活動を改善するために実行できるマーケティングキャンペーンの一部です。 たったXNUMXつの要件、つまり、オンラインビジネスセクターで大きな力で課されているこれらの最新の技術に敏感になるしかないということです。 別の一連の技術的考慮事項を超えて、それはこのブログ内の他の治療の主題になります。

ブランディングキャンペーンとは何ですか?

その有用性は本質的に非常に多様で多様ですが、すべての場合に共通するXNUMXつのポイントがあります。それは、すべての場合にデジタル企業の商用ブランドを向上させることです。 これは、ソーシャルネットワークであっても、技術メディアでの位置付けに問題を抱えている多くの起業家が直面しなければならない側面です。 これがあなたの場合であるならば、あなたはこれらの特徴のキャンペーンを始めることによってそれを直すことができます。 これから解決できる多くのソリューションが提供されます。 次の場合のように、私たちはあなたを公開します:

  • より多くのクライアントを獲得したり、ビジネスを他の地域に拡大したりすることもできます。
  • インターネット上でコンテンツのよりアクティブなプレゼンスを検索します。 これには、あなたのような商用ブランドの統合が必要です。
  • 他のコミュニケーションフォーラムで注目を集めるようにしてください。 の派生物として ソーシャルネットワーク これは、デジタルマーケティングの戦略を立てるのに非常に役立ちます。
  • パーソナルブランドの正しい位置付けが、ユーザーやクライアントの前に存在する状況に到達するのを防ぎます 率直に言って制限されています.
  • 現時点では、企業または企業の名前 ターゲットオーディエンスに聞こえるはずです そしてこれはあなたがあなたの側に多くを置かなければならない要因です。 そして、まさにこの意味で、ブランディングはあなたにとって大きな助けになります。

このマーケティングシステムには、他のシステムと補完できるという大きな利点があります。 そのアプリケーションに制限はありません。 多くのデジタル起業家がこれまでにそれらを開発してきたので、この戦略は過度の困難なしに実行することができます。 これからあなたを驚かせる効果で。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。